みろく屋トップイメージ
バナースペース

このブログについて

このブログを運営しているみろくやは、昭和39年に長崎で設立されました。設立以来、長崎名産品である長崎ちゃんぽん、皿うどんを製造・販売しています。このブログでは私達の情報だけでなく、愛してやまない長崎のことも綴っていければと思います。私達を通じて、少しでも長崎に触れていただけたら幸いです。

みろくやバラエティ商品

長崎開港物語のカテゴリー一覧

2015/03/06

長崎開港物語 第44回 長崎料理ここに始まる。(十六)

(前段落) 二、長崎南蛮料理  長崎の開港は、1568年9月エイズス会のトーレス神父が口之津(島原)より福田(長崎)・大村へと向かう途中、長崎に立ち寄り、Gヴィレラ神父に長崎での布教を命じたことにより、1570年9月頃ト […]

2015/03/06

長崎開港物語 第43回 長崎料理ここに始まる。(十五)

はじめに  私が初めて「食の文化史」らしき論考を書くようになったのは、昭和三十年二月(一九九三)国際文化都市建設法の施行により長崎市平野町に長崎国際文化会館が新設され其の三・四階に新たに長崎市立博物館が再開、私が同館の研 […]

2015/03/06

長崎開港物語 第42回 長崎料理ここに始まる。(十四)

 前回にも記しましたが、私は昭和五十五年一月十一日より同年末の十二月十九日まで四十二回にわたり、西日本新聞に「長崎味覚歳時記」という長崎県下の食の文化史を書かせて戴いた。以来、私は長崎県下の食文化の楽しさとその歴史を勉強 […]

2015/03/06

長崎開港物語 第41回 長崎料理ここに始まる。(十三)

 私が本稿を「みろく屋」前社長山下泰一郎氏の御依頼を受け第一輯を掲載したのは平成四年十一月であり、それより今年は二十年となった。私は昭和二十四年頃より自分の興味もあり、長崎県下の各種文化の調査のため歩き回り、その中には「 […]

2015/02/13

長崎開港物語 第40回 長崎料理ここに始まる。(十二)

一、はじめに  今回も前回に引き続き長崎県下の食文化を記録させて戴くことにした。 五島の歴史は古く古事記、風土記にも既にその地名が記されている。そこには、五島の古名で値嘉島(ちかしま)とある。値嘉島の由来については同書に […]

2015/02/12

長崎開港物語 第39回 長崎料理ここに始まる。(十一)

一、はじめに  前回に引き続き長崎県下の特色ある食文化を取りあげ書かせて戴くことにした。県内各地の食文化は、先輩方の論考のようにそれぞれの食文化の変遷と地方史の変遷は大いに関係がある。大村地方を支配してきた大村市の歴史と […]

2015/02/12

長崎開港物語 第38回 長崎料理ここに始まる。(十)

一、はじめに  前回より私は、本誌に主として特色ある長崎の食文化を取りあげ書かせて戴くことにした。 先ず第一に長崎県の特色は地理的な理由と海流との関係もあって、古代より韓国・中国・南方諸国との交流に深くかかわりがあったの […]

2015/02/12

長崎開港物語 第37回 長崎料理ここに始まる。(九)

一、はじめに  私がみろくや前社長の山下泰一郎氏に始めてお逢いしたのは平成三年頃であった。其の時、社長から「みろくや通信・味彩というのを社で出版しているが、『長崎の食の文化』を大いに宣伝したいので、何か標題を決め寄稿して […]