みろく屋トップイメージ
バナースペース

このブログについて

このブログを運営しているみろくやは、昭和39年に長崎で設立されました。設立以来、長崎名産品である長崎ちゃんぽん、皿うどんを製造・販売しています。このブログでは私達の情報だけでなく、愛してやまない長崎のことも綴っていければと思います。私達を通じて、少しでも長崎に触れていただけたら幸いです。

みろくやバラエティ商品

2015/03/06

長崎開港物語 第43回 長崎料理ここに始まる。(十五)

はじめに  私が初めて「食の文化史」らしき論考を書くようになったのは、昭和三十年二月(一九九三)国際文化都市建設法の施行により長崎市平野町に長崎国際文化会館が新設され其の三・四階に新たに長崎市立博物館が再開、私が同館の研 […]

2015/03/11

ちゃんぽんコラム第470号【立山界隈のキリスト教関連史跡】

 長崎市街地のせまい路地裏を歩いていたとき、ふと鼻先をかすめた沈丁花の香り。夜気に漂うその香りの印象的なこと。「春のいろいろな別れや出会いが呼び起こされて、ちょっとせつない気持ちになる」と言った人のことを思い出しました。 […]

2015/05/13

ちゃんぽんコラム第474号【五月、肥前の花々】

 ゴールデンウィーク中に桜前線が全国横断を終えたというニュースがありました。九州・長崎ではすでにツツジやアヤメ、カキツバタなどが花期の終盤を迎えています。一つひとつの花の季節の短さを嘆く間もないくらいにめまぐるしく変化す […]

2015/06/11

ちゃんぽんコラム第476号【快速シーサイドライナーに乗って東彼杵町へ】

長崎駅から大村湾沿いを走る快速「シーサイドライナー」に乗り込んで、東彼杵町(ひがしそのぎちょう)へ出かけてきました。青い車体が爽やかな「シーサイドライナー」は、長崎~佐世保(JR長崎線・JR大村線・JR佐世保線)を走る電 […]

2015/02/12

長崎開港物語 第37回 長崎料理ここに始まる。(九)

一、はじめに  私がみろくや前社長の山下泰一郎氏に始めてお逢いしたのは平成三年頃であった。其の時、社長から「みろくや通信・味彩というのを社で出版しているが、『長崎の食の文化』を大いに宣伝したいので、何か標題を決め寄稿して […]

2015/01/27

長崎開港物語 第2回 オランダ料理編

1.出島オランダ屋敷の事  我が国初期の西洋料理は南蛮料理といった。それは南蛮人が最初に西洋料理を伝えたからである。南蛮人とは最初に我が国に来航してきたポルトガル、スペインの人達のことである。平戸の町で、それまで自由に貿 […]

2016/05/25

第499号【去来と長崎】

 中島川の上流では、オシドリがこの春生まれの子どもたちを連れて、のんびり泳いでいます。沖縄は一足早く梅雨入りしましたが、長崎はまだ五月晴れの爽やかな日が続いています。そんな中、紫陽花の季節がはじまって、夏服姿の人も増えて […]

2015/08/28

ちゃんぽんコラム第481号【かんざらしとともに夏を振り返る】

残暑お見舞い申し上げます。子どもたちの夏休みもあと数日でおわり。朝晩は風や日差しに次の季節の気配が感じられるようになりました。それでも日中はまだまだ厳しい暑さ。この夏を振り返りながら、冷たい甘味でひと息入れましょう。 8 […]