みろく屋トップイメージ
バナースペース

このブログについて

このブログを運営しているみろくやは、昭和39年に長崎で設立されました。設立以来、長崎名産品である長崎ちゃんぽん、皿うどんを製造・販売しています。このブログでは私達の情報だけでなく、愛してやまない長崎のことも綴っていければと思います。私達を通じて、少しでも長崎に触れていただけたら幸いです。

みろくやバラエティ商品

2016/12/13

第512号【肥前長崎かぼちゃ町!?】

 ご近所の庭先では柚子がたわわに実り、その黄色のあたたかさにほっこり。「冬至の柚子湯で風邪知らず」などと言いますが、この日は(今年の冬至は12月21日)習わし通りに柚子湯につかり、カロテンやビタミンCが豊富なかぼちゃを食 […]

2016/09/28

第507号【伊藤小左衛門・350年の時を超えて】

 9月も終わりに近づき、ずいぶん朝晩が涼しくなりました。とはいえ九州は、日中の気温が30度近くまで上る日もあり、長崎の路面電車はまだまだ冷房をきかせて走っています。夏の名残と秋が入り混じるこの時期、長崎駅に近い電停に降り […]

2016/08/10

第504号【美しい長崎の眺望。稲佐山と鍋冠山】

 残暑お見舞い申し上げます。日中、厳しい暑さではありますが、夜ベランダに出て虫の声を聞くと、かすかに秋の気配が感じられます。夜風に揺れる風鈴の音色に、心もからだもクールダウン。平和な夏の夜です。昨日8月9日は長崎原爆の日 […]

2016/02/23

第493号【桃カステラ、寿桃、マーラカオ!】

三寒四温。日によって大きく揺れる気温差にひとの体はとまどいがち。スズメやイソヒヨドリ、ムクドリなど、日差しのなかで遊ぶ中島川の鳥たちも、まだまだ体をふくらませて防寒体制。甲高くチィー、チィーとさえずっているのはメジロでし […]

2015/08/28

ちゃんぽんコラム第481号【かんざらしとともに夏を振り返る】

残暑お見舞い申し上げます。子どもたちの夏休みもあと数日でおわり。朝晩は風や日差しに次の季節の気配が感じられるようになりました。それでも日中はまだまだ厳しい暑さ。この夏を振り返りながら、冷たい甘味でひと息入れましょう。 8 […]

2015/01/28

長崎開港物語 第4回 西洋料理編(二)

1.横浜の西洋料理:横浜初、洋風建築の西洋料理店。それは、長崎人によって始められた。    横浜沿革誌を読むと次のように記してある。 『明治二年八月、横浜姿見町三丁目に谷蔵なるものが西洋割烹を開業。当時は外国人 […]

2015/09/09

ちゃんぽんコラム第482号【秋めく長崎市街地の花々】

 驚くような早さで秋めいています。寝冷えして風邪などひいていませんか? 長崎のまちを歩けば、夏の間、目をうるおしてくれた「ノウゼンカズラ」や「サルスベリ」の花々がそろそろ終盤を迎え、花びらをちらしています。朝晩の涼風に誘 […]

2015/02/09

長崎開港物語 第27回 出島・カピタン ティチングの記録より(一)

 はじめに出島・カピタン ティチング(Isaac Titsingh)について記しておかねばならない。 彼は1779年8月15日初めて出島オランダ商館のカピタンとして在任。翌年2月19日江戸参府のため出島を出発。4月5日将 […]