みろくやのこだわり

最後の一滴まで、おいしく

妥協せずに生まれた味は、
変わらぬ美味しさで半世紀。

味のこだわり

「おもやい」のこだわり

長崎の方言「おもやい」という言葉は、船と船をつなぎ合わせたり、船を岸壁につなぎ止めるという語源から来ていると言われます。これが転じて、「一緒に使う」「共有する」「シェアする」というように使われてきたのは、港町・長崎ならでは文化。例えば長崎の皿うどんは、お盆や正月など人が集まると大皿に盛られ、分け合い(おもやい)ながら食べるのが定番。また、おいしいものを大切な人に贈るというのも、絆を深めるおもやいのひとつかもしれません。みろくやは、おいしい笑顔と共に、心温まる「おもやいのシーン」をお届けできれば幸せだと考えています。