冷凍ちゃんぽん・皿うどん・角煮まんじゅう詰合せ

6,264
ポイント:
58 pt
商品番号:
6640

個数

長崎の味が一度に楽しめる欲張りなギフト
みろくや自慢の冷凍ちゃんぽん・皿うどんと長崎で大人気の角煮まんじゅうを詰合せました。
長崎の味が一度に楽しめる欲張りな詰め合わせです。
<内容量>
冷凍ちゃんぽん(麺140g・具材175g・スープ35g)×3袋
冷凍皿うどん(揚麺60g・具材175g・スープ28g)×2袋
角煮まんじゅう(90g)×5袋

■賞味期限 冷凍ちゃんぽん・皿うどん/ 120日(要冷凍)・角煮まんじゅう/120日(要冷凍)

【原材料名】
〈冷凍ちゃんぽん(ゆで)〉
具材[野菜(キャベツ(国産)、たまねぎ、もやし、にんじん、しいたけ)、豚肉、えび、いか、なたね油]
めん[小麦粉/かんすい]
スープ[ポークエキス、食塩、チキンエキス、しょうゆ、砂糖、魚醤/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)
(一部に小麦・えび・大豆・鶏肉・豚肉・いかを含む)

〈冷凍皿うどん(油揚げ)〉
具材[野菜[キャベツ(国産)、たまねぎ、もやし、にんじん、しいたけ)、豚肉、えび、いか、なたね油]
めん[小麦粉/食用植物油脂/かんすい]
スープ[コーンスターチ、砂糖、ポテトスターチ、食塩、チキンパウダー、粉末しょうゆ、たん白加水分解物、酵母エキス、貝エキス、しいたけエキス、たまねぎ粉末、なたね油/調味料(アミノ酸等)、酸味料、着色料(カラメル])
(一部に小麦・えび・大豆・鶏肉・豚肉・いかを含む)

〈角煮まんじゅう〉
豚肉(メキシコ産)、小麦粉(小麦(国産))、ほうれん草(国産)、砂糖、醤油(大豆を含む)、ラード、みりん、清酒、植物油脂、バルサミコ酢、イースト、コーンスターチ、食塩、片栗粉、海藻エキス、しょうが粉末、酵母エキス/膨張剤

【栄養成分表示】
〈ちゃんぽん1食(350g)あたり〉
・エネルギー…406kcal ・たんぱく質…22.8g
・脂質…9.9g・炭水化物…56.3g・食塩相当量…6.0g
(公益社団法人長崎県食品衛生協会調べ)
〈角煮まんじゅう1個(90g)あたり〉
・エネルギー…224kcal ・たんぱく質…11.7g
・脂質…7.3g・炭水化物…27.9g・食塩相当量…0.8g
(公益社団法人長崎県食品衛生協会調べ)

〈皿うどん1食(263g)あたり〉
・エネルギー…533kcal ・たんぱく質…17.5g
・脂質…19.9g・炭水化物…71.0g・食塩相当量…4.1g
(公益社団法人長崎県食品衛生協会調べ)


【商品サイズ】
縦45cm×横37.2cm×高さ7.5cm

冷凍ちゃんぽんは手軽に本場の味!野菜などの具材がたっぷり!

みろくやの冷凍ちゃんぽんは、九州産の野菜を使って
シャキシャキとした食感と素材本来の旨みを
引き立てるみろくや「※独自の製法」で、
本場の味を再現しました。
麺は、最高級の小麦粉を使用し、独自のブレンドでコシのある
太麺に仕上げました。
あんかけは、ダシの効いたやや甘さを抑えた味付けで
素材本来のおいしさを引き立てる工夫をしています。
スープは、最後の一滴までおいしい豚骨をベースに
魚介の旨みを加えたコクのある風味が絶品です。
キャベツや玉ねぎなどの野菜はもちろん、豚肉・イカ・
もやし・しいたけ・エビがセットになっているので
食べたい時にお鍋やフライパン1つで簡単に
お作りいただけます。

簡単5ステップでご自宅で本格長崎ちゃんぽん!

長崎ちゃんぽん1人前の作り方
鍋に360cc(カップ2杯弱)の水を入れ沸騰させます。
凍ったままの具材を袋から取り出し、の中に入れ、解凍し加熱します。
添付のスープをの中に入れます。
凍ったままの麺をの中に入れ、ほぐしながら解凍し加熱します。
ひと煮たちしたら、火を止め、丼に具が麺の上になるように盛りつけお召し上がりください。

(注意)
調理時間は鍋の大きさや火力等により異なりますのでご注意ください。
熱湯の取り扱いには、充分ご注意ください。

冷凍皿うどんはパリパリの麺にとろ〜りあんかけ、本場の味をお手軽に!

みろくやの冷凍皿うどんは、九州産の野菜を使って
シャキシャキとした食感と素材本来の旨みを
引き立てるみろくや「※独自の製法」で、
本場の味を再現しました。
揚げ麺は、試行錯誤して生まれた麺の太さと揚げ方で、
最初はパリッと、噛むとサクッとおいしくいただける
食感でございます。
あんかけは、ダシの効いたやや甘さを抑えた味付けで
素材本来のおいしさを引き立てる工夫をしています。
キャベツや玉ねぎなどの野菜はもちろん、豚肉・イカ・
もやし・しいたけ・エビがセットになっているので
食べたい時にお鍋やフライパン1つで簡単に
お作りいただけます。
簡単5ステップ!ご自宅で本格長崎皿うどん!
長崎皿うどん一人前の作り方
具材を常温で自然解凍するか、開封せず袋のまま流水で解凍しておく。
揚麺を袋からとりだし、軽くほぐして皿に盛る。
鍋に水220ccを入れてスープを溶き、解凍した具を入れる。
鍋を中火にかけよく混ぜながら煮立て、とろみがついたらあんかけの出来上がり。
 ※とろみの目安は、スープの白い色があめ色に変わったら出来上がりです。
の盛りつけた麺の上にあんかけをたっぷりかけて、おいしい長崎皿うどんの出来上がりです。

(注意)
調理時間は鍋の大きさや火力等により異なりますのでご注意ください。
熱湯の取り扱いには、充分ご注意ください。
やわらかく、やさしく、おいしい角煮まんじゅう
長崎伝統の「卓袱料理」の中の1品、“角煮”。
みろくやオリジナルでじっくり煮込んで作ったトロトロの角煮を
きめの細かい万頭(まんとう)の皮にはさみました。
文明の夜明けとともに、中国から長崎に伝わった
「東坡煮(とうばにく)」。
皮付き三枚肉を厚めにおろし、じっくり煮込み、ゆっくり寝かせ、
やさしく、深みのあるおいしさに仕上げました。
食べる方の健康を願い、ほうれん草も料理としての手順で
鶏がらスープで味付けして、きめの細かい万頭(まんとう)の皮に
挟みました。
角煮にからませる甘たれにほんの少し西洋の味をプラスして、
みろくやならではの品格のある味に仕上げました。
やわらかく、やさしく、おいしい角煮まんじゅうをお楽しみください。

お客様の声