冷凍ちゃんぽん・皿うどん 各3人前

5,130
ポイント:
47 pt
商品番号:
6658

個数

みろくやの「冷凍ちゃんぽん」は、コクのあるス-プとこだわりの麺が自慢の一品。TV番組でも紹介された「冷凍皿うどん」はこだわりのパリパリ揚麺にトロリとしたあんかけが絶妙です!
キャベツや玉ねぎなどの野菜はもちろん、豚肉・エビ・イカも入ってお鍋やフライパン一つでカンタンに調理いただけるので、はじめて作られる方へも安心してお送りいただけます。

☆単身赴任のお父さんに、きっと喜ばれるふるさとの味です。
☆ひとり暮らしの息子さんや娘さんに栄養満点の味です。
☆長崎ちゃんぽんが初めての方にも、伝統の味と素材がきっとご満足いただけます。

<内容量>
冷凍ちゃんぽん(麺140g・具材175g・スープ35g)×3袋
冷凍皿うどん(揚麺60g・具材175g・スープ28g)×3袋

■賞味期限/120日(要冷凍)

【原材料名】
〈冷凍ちゃんぽん〉
具材[野菜(キャベツ(国産)、たまねぎ、もやし、にんじん、しいたけ)、豚肉、えび、いか、なたね油]
めん[小麦粉/かんすい]
スープ[ポークエキス、食塩、チキンエキス、しょうゆ、砂糖、魚醤/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)
(一部に小麦・えび・大豆・鶏肉・豚肉・いかを含む)
〈冷具皿うどん〉
具材[野菜[キャベツ(国産)、たまねぎ、もやし、にんじん、しいたけ)、豚肉、えび、いか、なたね油]
めん[小麦粉/食用植物油脂/かんすい]
スープ[コーンスターチ、砂糖、ポテトスターチ、食塩、チキンパウダー、粉末しょうゆ、たん白加水分解物、酵母エキス、貝エキス、しいたけエキス、たまねぎ粉末、なたね油/調味料(アミノ酸等)、酸味料、着色料(カラメル)]
(一部に小麦・えび・大豆・鶏肉・豚肉・いかを含む)

【栄養成分表示】
〈ちゃんぽん1食(350g)あたり〉
・エネルギー…406kcal ・たんぱく質…22.8g
・脂質…9.9g・炭水化物…56.3g・食塩相当量…6.0g
(公益社団法人長崎県食品衛生協会調べ)

〈皿うどん1食(263g)あたり〉
・エネルギー…533kcal ・たんぱく質…17.5g
・脂質…19.9g・炭水化物…71.0g・食塩相当量…4.1g
(公益社団法人長崎県食品衛生協会調べ)

【商品サイズ】
縦43.5cm×横34.5cm×高さ7.5cm

冷凍ちゃんぽんは手軽に本場の味!野菜などの具材がたっぷり!

みろくやの冷凍ちゃんぽんは、九州産の野菜を使って
シャキシャキとした食感と素材本来の旨みを
引き立てるみろくや「※独自の製法」で、本場の味を再現しました。
麺は、最高級の小麦粉を使用し、独自のブレンドでコシのある
太麺に仕上げました。
あんかけは、ダシの効いたやや甘さを抑えた味付けで
素材本来のおいしさを引き立てる工夫をしています。
スープは、最後の一滴までおいしい豚骨をベースに
魚介の旨みを加えたコクのある風味が絶品です。
キャベツや玉ねぎなどの野菜はもちろん、豚肉・イカ・
もやし・しいたけ・えびがセットになっているので
食べたい時にお鍋やフライパン1つで簡単にお作りいただけます。

簡単5ステップ!ご自宅で本格長崎ちゃんぽん!

長崎ちゃんぽん1人前の作り方
①鍋に360cc(カップ2杯弱)の水を入れ沸騰させます。
②凍ったままの具材を袋から取り出し、①の中に入れ、解凍し加熱します。
③添付のスープを②の中に入れます。
④凍ったままの麺を③の中に入れ、ほぐしながら解凍し加熱します。
⑤ひと煮たちしたら、火を止め、丼に具が麺の上になるように盛りつけお召し上がりください。

(注意)
調理時間は鍋の大きさや火力等により異なりますのでご注意ください。
熱湯の取り扱いには、充分ご注意ください。

TV番組やお取り寄せ雑誌でも紹介された自慢の逸品です!

テレビ朝日「朝だ!生です旅サラダ」の番組内で向井亜紀さんにご紹介頂きたくさんのご注文を頂きました!!

長崎の味を手軽に楽しめるよう、キャベツ・玉ねぎ・豚肉・イカ・エビ・もやし・しいたけなどの食材の持つ旨みを大切に、とくに野菜のシャキシャキ感にこだわって作りました。
お鍋やフライパン1つでカンタン調理☆ 具材付きで長崎の味がすぐに楽しめます!
簡単5ステップ!ご自宅で本格長崎皿うどん!
長崎皿うどん一人前の作り方
①具材を常温で自然解凍するか、開封せず袋のまま流水で解凍しておく。
②揚麺を袋からとりだし、軽くほぐして皿に盛る。
③鍋に水220ccを入れてスープを溶き、解凍した具を入れる。
④鍋を中火にかけよく混ぜながら煮立て、とろみがついたらあんかけの出来上がり。
 ※とろみの目安は、スープの白い色があめ色に変わったら出来上がりです。
⑤②の盛りつけた麺の上にあんかけをたっぷりかけて、おいしい長崎皿うどんの出来上がりです。

(注意)
調理時間は鍋の大きさや火力等により異なりますのでご注意ください。
熱湯の取り扱いには、充分ご注意ください。

お客様の声