みろくやブログ

  • 第654号【水無月(みなづき)の花々】

     初夏のすがすがしい風が吹き抜けた6月1日の朝、長崎では秋の大祭「長崎くんち」の稽古始めとなる「小屋入り」が行われました。この行事は、その年に演し物を奉納・披露する踊町(おどりちょう)の世話役や出演者らが、諏訪神社(長崎市上西山町)と八坂神社(長崎市鍛冶屋町)で清祓いを受け、無事に大役を達成できるよう祈願するものです。今年、7つの踊町は朝から列をなして次々に神社へ。シャギリの音色が街中に響きわたりました。  今年の「踊町:演し物」は、次のとおりです。「八幡町:山伏道中・剣舞・弓矢八幡祝い船」、「麹屋町:川船」、「銀屋町:鯱太鼓」、「西濵町:龍船・二胡演奏」、「興善町:本踊(石橋)」、「万才町:本踊」、「五嶋町:龍踊」。コロナ禍の影響で中止がつづき昨年4年ぶりに行われた「長崎くんち」。通常なら7年に一度めぐってくる踊町の役割も10年ぶり。踊町も観客も、ひときわ思いのこもった「長崎くんち」になるに違いありません。  さて、「小屋入り」の日は、諏訪神社のザクロの花が満開でした。6月も中旬に入ると、アジサイはもちろん、ユリやアガパンサス、クチナシなど、色とりどりの初夏の花々を見かけます。出島に近い街角では、ひときわ個性的なトケイソウが咲いていました。  平らな花の真ん中に突き出た雄しべと雌しべ。その姿が時計の文字盤を思わせることから名付けられたというトケイソウ。ペルー、ブラジル原産のつる性多年草で、江戸時代の享保年間(1716-1735)に日本へ渡来したといわれています。ひとくちにトケイソウといっても、たいへん種類が多い植物だそう。では、江戸時代に渡ってきたのは一体、どんなタイプだったのでしょうか。色つきの植物図鑑として日本で初めて出版されたといわれる、『本草図譜』(1830年刊/著者:岩崎灌園)には、今回見かけたものと同じ姿のトケイソウが描かれていました。  ところで、夏の暑さ対策のひとつに、「緑のカーテン」というものがあります。窓際につる性の植物を育てることで、日差しをやわらげたり、室内に入る風をひんやりとさせたりするものですが、このトケイソウも「緑のカーテン」として利用できるそうです。   中島川上流にかかる石橋、桃渓橋(ももたにばし)。この時期の夜、橋の上からそっと川端に目をやると、数匹ですがホタルが飛んでいます。橋の下には小規模のカンナの群生があり、6月から10月の花期になると、鮮やかな橙色の花を次々に咲かせます。カンナはもともと丈夫な植物ですが、桃渓橋のカンナも生命力にあふれ、大雨や台風時の濁流に激しくなぎ倒されても、バッサリと刈り取られても、必ず復活し大ぶりの花を咲かせます。ときに小鳥に蜜を与えながら、炎天下にたくましく育つカンナ。私たちもカンナのように、この夏を乗り越えられたらいいですね。

    もっと読む
  • お客様の声

    帰省した息子が皿うどんが大好きなので、野菜・海鮮を付け足してボリューム満足に作りました。揚げ麺が「ふにゃ」となる食感が大好きです。あんかけも丁度の具合に出来て、とてもおいしかったです。2食じゃ足りずリピートしたいです。徳島県 I・K様長崎県佐世保市の出身でよくちゃんぽんは食卓で出ていました。結婚して他県に住むと長崎ちゃんぽん・皿うどんの味が恋しくなり、ついついネットで注文しています。何年も変わらず、とてもおいしい。今では子供達も大好きです☆神奈川県 S・M様父母(妻の)が長崎出身ということもあり、特に皿うどんは家族皆大好き。ソースかけ派と酢派で大皿を囲んでいつもおいしく食べてます!!皿うどん最高!!(^^)みろくやさんのちゃんぽん・皿うどんもペロッとたいらげました。ごちそうさまでした。宮崎県 A・K様

    もっと読む
  • 第653号【皐月(さつき)】

     中島川沿いにある光永寺(長崎市桶屋町)では、境内にある樹齢450〜500年といわれる大イチョウが、ふさふさと若葉を茂らせていました。このお寺は、幕末の1854年(安政元)、蘭学を志した福沢諭吉が一時期止宿したことで知られています。諭吉さんは当時19歳。約1年間の長崎滞在中、四季折々に変化するこのイチョウの姿を見たはず。若葉につつまれた季節はどんな気持ちで見上げたでしょうか。  光永寺にほど近い長崎市民会館横の道路沿いにはイチョウ並木があり、こちらもすっかり初夏の装いです。この界隈には観光スポットの眼鏡橋もあり、ゴールデンウィーク中は、いつも以上の人出で賑わっていました。多くの人がマスクなしで笑顔を見せている光景に、いろいろと制限があった日々を忘れがちになっていましたが、いまあらためて、行きたい場所へ行き、人と会ったり、ものに触れたりすることを自由に楽しめるって本当に幸せなことなのだと感じます。  光永寺から中島川をさらに上流に向かったところで、カワセミを見かけました。この川ではおなじみの野鳥ですが、春は抱卵の時期なので、巣穴にこもっていたと思われ、この数週間はなかなか姿を確認できずにいました。いまは、卵からかえったヒナたちへ、せっせと餌を運ぶ時期に移ったのでしょう。川面をしばらく見つめていたカワセミは、画像ではわかりにくいですが、下のくちばしが赤みを帯びていたのでメス。(オスのくちばしは、上下とも黒い)。夏いっぱい、オスと協力して子育てに励みます。  さて、ゴールデンウィーク中は、どこの観光スポットも賑わっていたようですが、お出かけしたいけど、静かな場所がいいという方にとっては、穴場ともいえる場所がありました。思案橋電停から徒歩7〜8分。和の庭園と木造家屋が落ち着いた風情を醸す「中の茶屋」(長崎市指定文化財)です。ここは、江戸時代中期に花街「丸山」の遊女屋「中の筑後屋」が設けた茶屋で、全国各地から長崎を訪れた文人墨客らが遊び親しみ、長崎奉行の市中巡検の際には休憩所として利用されていたと伝えられています。  「中の茶屋」の母屋は、昭和46年の住宅街火災の延焼の被害を受け、その後、新築復元されたものですが、庭園は茶屋が設けられた当時の形をとどめているそうです。庭園の樹木のなかで目を引くのが、樹齢200年は超えていると思われる松です。古木ながら枝ぶりに勢いが感じられます。長崎学の基礎を築いた郷土史家、古賀十二郎先生(1879-1954)は、著書『丸山遊女と唐紅毛人』に、「中の茶屋」についてくわしく触れ、「庭園には、枝振りの佳き松が、幾つもあった。〜」などと記しています。  庭園の池を囲むように植えられたサツキが、開花時期を迎えていました。庭木や盆栽として古くから日本人に親しまれてきたサツキ。ツツジより小ぶりの花は、次々に咲いて長く楽しめます。今月中旬には見頃を迎えるそうです。  「中の茶屋」は、平成13年から「清水昆展示館」として活用されています。昆さんは昭和期に活躍した長崎市出身の漫画家で、かっぱの漫画と言えば、ピンとくる方も多いことでしょう。今年は昆さんの没後50年にあたり、その活躍を振り返る企画展が開催されています。昭和の人情味とユーモアあふれる作品の数々に、懐かしい気持ちでいっぱいになりました。若い人たちにとっては、逆にそれが新鮮に思えるかも。ぜひ、足をお運びください。

    もっと読む
  • お客様の声

    贈答先の方が大変喜ばれ、毎年、心待ちにされています。北陸へ移住し楽しみにして注文しています。とてもなつかしくおいしく頂いております。息子一家も同じ感動をしながらペロリと完食しました。富山県 R・K様いつでも野菜たっぷりボリューミーになる皿うどん。「風邪で全部はムリかな」と食べ始めるがあれよあれよという間に完食。風邪でもそのおいしさを再発見しました。皿うどんの具材は何でも合う。おいしい!しかも冷蔵庫の残り野菜一掃も満足な仕上がりにできちゃう優れもの!長野県 S・U様ちゃんぽん・皿うどんともに家族で美味しく頂きました。特に皿うどんは以前から大好きで工程もより簡単で、自宅でこんなにコク深い味わい皿うどんを頂けて感動しました。写真付きの作り方がかなり重宝しました。東京都 R・O様

    もっと読む

お客様の声

お知らせ

2024/05/15
【みろくやオンラインショップからのお知らせ】夏のお得な送料キャンペーン実施中!
平素より、みろくやオンラインショップをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

夏のお得な送料キャンペーン実施中でございます
8/31までの期間限定のキャンペーンです。
お届け先1ヶ所につき温度帯それぞれ商品代金5,800円(税込)以上で
常温商品…送料0円、冷凍商品…送料220円
冷蔵商品…送料220円
でお届けいたします。
※常温便商品・冷凍便商品・冷蔵便商品を
同一送付先にご注文の場合、それぞれ5,800円(税込)以上に
なりませんとキャンペーン対象にはなりません。

御中元、ご自宅用、お土産等
様々なシーンでご利用くださいませ。

いつもみろくやをご愛顧を賜り誠にありがとうございます。
2023/10/12
送料改定に関するお知らせ
平素は格別のお引き立て、ご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、当社で利用している運送会社より大幅な配送料金の値上げ要請があり、
誠に恐縮ではございますが、令和5年10月26日から配送料金を値上げさせていただく事となりました。
今回の改定によりお客様のご負担が大きくなってしまい、誠に心苦しく存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今後ともみろくやへの変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
2023/03/13
価格改定に関するお知らせ
平素は格別のお引き立て、ご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

主原料である小麦粉の値上げを筆頭に、原材料、包装資材の価格上昇、さらには配送に伴う物流費関連の価格が高騰しており、今後もコスト上昇の状況は続くことが予想されます。
弊社商品は従来価格を維持するために合理化、効率化等コスト 上昇の吸収を図って参りましたが、健全な経営環境下における安心で安全な商品を提供していくため、また品質保持を最優先とするために販売価格を改定せざるを得ない状況となりました。

つきましては令和5年4月1日(土)より弊社取り扱いの商品に関して価格改定を実施させていただきます。平均10%程の価格改定を行います。

価格改定におきましては、お客様のご負担が大きくなることと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
今後ともより一層のご愛顧賜りますよう心よりお願い申し上げます。
2021/08/14
【みろくやオンラインショップからのお知らせ】毎日放送「せやねん!」で冷凍ちゃんぽんが紹介されました!
平素より、みろくやオンラインショップを
ご愛顧いただき誠にありがとうございます。

2021年8月14日(土)に毎日放送「せやねん!」で
冷凍ちゃんぽん4食箱入が紹介されました!

みろくやの冷凍ちゃんぽんは、九州産の野菜を使って
シャキシャキとした食感と素材本来の旨みを
引き立てるみろくや「独自の製法」で、本場の味を再現しました。
麺は、最高級の小麦粉を使用し、独自のブレンドでコシのある
太麺に仕上げました。
あんかけは、ダシの効いたやや甘さを抑えた味付けで
素材本来のおいしさを引き立てる工夫をしています。
スープは、最後の一滴までおいしい豚骨をベースに
魚介の旨みを加えたコクのある風味が絶品です。
キャベツや玉ねぎなどの野菜はもちろん、豚肉・イカ・
もやし・しいたけ・えびがセットになっているので
食べたい時にお鍋やフライパン1つで簡単にお作りいただけます。

是非ご自宅用や贈り物にご利用くださいませ。 詳しくはこちら
2021/07/20
【みろくやオンラインショップからのお知らせ】関西テレビ「よ~いどん!」で冷凍ちゃんぽんが紹介されました!
平素より、みろくやオンラインショップを
ご愛顧いただき誠にありがとうございます。

2021年7月20日(火)に関西テレビ「よ~いどん!」で
冷凍ちゃんぽん4食箱入が紹介されました!

みろくやの冷凍ちゃんぽんは、九州産の野菜を使って
シャキシャキとした食感と素材本来の旨みを
引き立てるみろくや「独自の製法」で、本場の味を再現しました。
麺は、最高級の小麦粉を使用し、独自のブレンドでコシのある
太麺に仕上げました。
あんかけは、ダシの効いたやや甘さを抑えた味付けで
素材本来のおいしさを引き立てる工夫をしています。
スープは、最後の一滴までおいしい豚骨をベースに
魚介の旨みを加えたコクのある風味が絶品です。
キャベツや玉ねぎなどの野菜はもちろん、豚肉・イカ・
もやし・しいたけ・えびがセットになっているので
食べたい時にお鍋やフライパン1つで簡単にお作りいただけます。

是非ご自宅用や贈り物にご利用くださいませ。 詳しくはこちら